自由の女神に行く方法は?無料フェリーやお得な情報をまとめました!NY

スポンサーリンク
旅に役立つ情報
スポンサーリンク

NY(ニューヨーク)にある有名なスポットと言えば…

『自由の女神』ですよね!

ニューヨークに訪れた際は是非行ってみたい場所の1つです!!

 

 

自由の女神は島にあり「フェリー」で渡る事で見に行く事ができます。

今回は『自由の女神』をお得に見に行く方法や無料で見る方法を紹介したいと思います!

また、自由の女神が出来たきっかけ等をまとめてみました。

ニューヨークに行く方は事前に情報を入手して行く事をオススメします!

 

 

スポンサーリンク

自由の女神

 

自由の女神はマンハッタンの港から2㎞程度離れた島『リバティアイランド(Liberty  Island)』にあります。

正式名称「世界を照らす自由の女神像(Liberty Enlightening the World)」

 

 

 

成り立ち

 

自由の女神は、アメリカ合衆国の独立100周年(1876年)にフランスから送られた物です。

フランスはアメリカ独立の際に支援を行っており100年経っても友好の印として送られました。

 

女神像の顔は…バルトルディの母親

女神像の手は…バルトルディの妻

がモデルとなっているとの事です。

バルトルディとは自由の女神を設計した彫刻家です(フレデリック・バルトルディ)

 

1884年にフランスよりアメリカに運ばれ、台座完成後に設置され1886年10月28日に除幕式がありました。

 

当時、移民を迎え入れたいたアメリカの「移民管理局」がエリスアイランドにあり、管理局から見えていた『自由の女神』が新大陸への夢と勇気に糧であった為、

 

1924年 アメリカ合衆国国定記念物

1984年 世界遺産(文化遺産)

 

に登録されました。

女神像(銅像)

 

全長:93m (台座:47m  台座からトーチまで:46.05m)

重さ:225t

 

 

頭部:王冠(7つの突起があり、7つに大陸・海に自由を広げる意味がある)

25の窓(世界25個の宝石を象徴)

左手:独立宣言の書(1776年7月4日と書かれている:独立日記念日)

右手:トーチ(世界を照らす様に燃える)

※炎の部分は純金

足元:外れた鎖と足枷(全ての弾圧、抑圧からの解放と人類は自由で平等であることの現れ)

 

214個のパーツからなります。

当初は赤茶色でしたが、徐々に銅が参加するに連れて現在の緑色に変化してきました。

 

 

 

場所

 

アメリカ合衆国 〒10004 New York

(New York, NY 10004)

 

 

 

行く方法

 

自由の女神をみる方法は2つあります。

①有料観光フェリー:近くで見る、自由の女神の中に入りたい人

②有料観光ツアー(フェリー):近くで見たい人

③無料フェリー:遠くでいいから見たい人 お金は掛けたく無い人

 

今回は①と②の両方を紹介したいと思います!

 

※自由の女神は「サンクスギピングデー」「クリスマス」の日はお休みです!

 

①有料観光フェリー(入島)

 

『スタチュークルーズ』

自由の女神を見に行くためには『リバティアイランド(Liberty  Island)』に「フェリー」を使っていかなければ行けません。

 

 

・自由の女神を近くでみたい
・自由の女神に登ってみたい

 

この2つに当てはまる方は『有料フェリー』に乗ることをオススメします!

 

 

バッテリーパーク
自由の女神にいくフェリー乗り場は『バッテリーパーク(Battery Park)』と言われる公園内にあります。
 

 

『バッテリーパーク(Battery Park)』の近くには2つの駅があります。

どちらの駅に降りても、フェリー乗り場までは5分程度で着きます!

 

①South Ferry 駅

地下鉄1番線

駅からフェリー乗り場までの行き方はこちらです!

 

 

②Bowling Green 駅

地下鉄4番・5番線

駅からフェリー乗り場までの行き方はこちらです!

 

 

フェリー乗り場/チケット売り場

 

自由の女神へ行く為の「フェリー乗り場」「チケット売り場」は

バッテリーパークの

『キャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメント(Castle Clinton National Monument)』

 

 

Battery Park, New York, NY 10004 アメリカ合衆国

 

ここで、チケットの購入やフェリー乗る為の手続きを行います!

 

チケットの種類

 

チケットの種類は3種類あります!

 

①上陸+王冠まで($22.25 )

②上陸+台座まで($19.25 )

③上陸のみ($19.25 )

 

チケットは当日購入もできますが…①②は人気で当日は買えないです。

(2・3ヵ月先まで埋まっている事も…)

事前に購入可能なので、行くことが決まっている人は事前購入をお勧めします。

 

 

入場規制

 

1日に行くことが出来る人数が定められています。

王冠部分:240人

台座部分:3,000人

 

リハティ島に入場すると出るまでに制限時間はありません。

 

 

②有料観光ツアー(島には行かない)

 

有料観光フェリーの中には島に入場する以外にも、

リバティ島の近くを通る「観光フェリー」がります。

 

入場はしなくていいけど、近くで見たい人
他の観光地も見たい人
にはお勧めです!

観光フェリーは「自由の女神」以外にも

「マンハッタンを1周するツアー」

「マンハッタンを半周するツアー」

など、様々な観光地を回ってくれるものがあります!

 

 

 

サークルライン観光クルーズ

 

Circle Line Sightseeing Cruises | Guided Boat Tours NYC
Our world-famous NYC boat tours offer something for everyone. We have the most daily departures in the New York City Harbor, and every cruise features a close-u...

 

 

場所

 

サークルライン観光クルーズは2箇所の場所から乗るとこが出来ます。

 

①12th Ave & W 42nd St, New York, NY 10036 アメリカ合衆国

 

 

 

②78 South St, New York, NY 10038 アメリカ合衆国

 

 

コース

 

コースは4種類あり、どれもオススメの観光地を回るので自分の時間に合わせてコースを選ぶといいと思います♪

 

①ベスト オブ ニューヨーク クルーズ(BEST OF NYC CRUISE)

 

マンハッタンを丸々1周するコースです。約2時間半コース

毎日12:00〜 $44

 

エンパイアステートビルディング、クライスラービルディング、ハイライン、ワンワールドトレードセンター、自由の女神、エリス島、ダンボ、サウスストリートシーポート、ブルックリン橋、マンハッタン橋、ウィリアムズバークー橋、国連、グレイシーマンション、ヤンキースタジアム、ジョージワシントン→1周

 

 

②ランドマーク・クルーズ(LANDMARK CRUISE)

 

マンハッタンを半周するコース。約1時間半コース

毎日15:30〜 $37

 

エンパイアステートビルディング、クライスラービルディング、ハイライン、ワンワールドトレードセンター、自由の女神、エリス島、ダンボ、サウスストリートシーポート、ブルックリン橋、マンハッタン橋、ウィリアムズバークー橋→Uタン

 

 

 

③ハーバーライト・クルーズ(HARBOR LIGHTS CRUISE)

 

マンハッタンを半周するコース。約1時間半コース

②のランドマーク・クルーズの夜景が楽しめるコースです。

毎日19:00〜 $41

 

 

④リバディ・クルーズ(LIBERTY CRUISE)

 

マンハッタンとニュージャージー州の間から自由の女神までのコース。

約1時間コース

毎日10:00〜 $31

 

エンパイアステートビルディング、クライスラービルディング、ハイライン、ワンワールドトレードセンター、自由の女神、エリス島→Uタン

 

 

⑤自由の女神エクスプレス(STATUS OF LIBERTY EXPRESS)

 

自由の女神までいくコース。

自由の女神があるリバディ島に入ることは出来ませんが、自由の女神の目の前を通る事が出来ています!

 

1日4便 10:00〜/11:30〜/12:45〜/14:30 

$17.99

 

 


 

事前に購入が必要です!

クリスマスのみ定休日となるので注意しましょう。

ここから購入する事ができます。時間指定や当日行って時間を決める事も出来ます!

Circle Line Sightseeing Cruises | Guided Boat Tours NYC
Our world-famous NYC boat tours offer something for everyone. We have the most daily departures in the New York City Harbor, and every cruise features a close-u...

 

 

 

 

③無料フェリー

 

今まで紹介したものは全て有料です。

次に紹介するのは「無料のフェリー」になります。

自由の女神の前を通るフェリー(スタテンアイランドシティー)です!

 

お金を掛けたくない人
遠くで良いから見たい人
にオススメです!
なぜ無料か?
マンハッタンからスタテン島(Staten Island)までのフェリーが出ています。
なぜ無料かというと…
「スタテン島へ市民が渡る為のフェリー」だからです。
観光目的では無く、生活する為の公共機関になっています!
現在は、無料で自由の女神が観れると言う事、有名なってしまい観光客の方が多く乗っていますが…観光客だけでなく、市民の方が仕事の往復や買い物袋を持っていたりと、
様々な人が乗っています。
市民の方も乗っているという事を理解して乗るようにしましょう♪
スタテンアイランドフェリー
1 Bay St, Staten Island, NY 10301 アメリカ合衆国
行き方
マンハッタン側からの行き方は

①South Ferry 駅

地下鉄1番線

降りればすぐに見えてきます!

 

フェリー乗り場には『STATEN ISLAND FERRY』と書かれているので分かりやすいです。

 

 

乗り方
乗り方は簡単です。
約30分に1回やってくるフェリーに乗るだけです。
チケットやパスポートの提出等は入りません。
フェリーが来るまで、建物の中で自由に過ごします。
開いた扉からフェリー内に乗り込んでいきます。多くの人が乗り込むのでついて行けば間違いないです。
フェリー内は住民の人が多く座っています。
自由の女神が見える場所
船のデッキから見る事ができる自由の女神ですが、見る方向が決まっています。
行き:マンハッタンからスタテン島→右側
帰り:スタテン島からマンハッタン→左側
見えるといっても『観光フェリー』や『ツアーフェリー』の様に近くは通りません。
思っていた以上に遠いと感じるかもしれません。
一番近くてもアップなしで写真を撮るとこのぐらいの距離です。
行き(マンハッタンからスタテン島)に行くほうが近くを通るので、写真を撮るときは先に撮っておきましょう!
無料のフェリーなので「この近さで良いや」「一瞬で良いや」と思う方は是非、利用してみて下さい。
夕方の乗れば帰りはマンハッタンの夜景も楽しむ事が出来ますよ♪

 

まとめ

今回は「自由の女神」をお得に見る方法を説明しました。
どのフェリーも魅力的な点がたくさんあります。
一生に一度の旅行であれば、お金の事なんて気にせずに「王冠」までいくツアーをオススメします!!
「アメリカの象徴」「地涌の象徴」に登ること・内部を観れると事なんて、簡単に出来ることではありません。
アメリカの街を最大限に楽しむために、自分にあった物を選んで下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました