clubhouse(クラブハウス)でフォロワーを増やす方法!有効な活用方法をまとめました!

スポンサーリンク
clubhouse
スポンサーリンク

新しいSNSとして大注目されているClubhouse(クラブハウス)についてまとめてみました。

 

1月の初めから日本でも徐々に有名になってきたClubhouse(クラブハウス)は、有名人を始めSNSに敏感な人に広まっていきました。

招待制が基本のClubhouse(クラブハウス)は、数少ない招待枠を巡って多く人が

『招待して下さい!!!』と呼びかけていました。

 

現在は、徐々に招待された人は多くなり「招待枠」も増えてきました。

最近は日本人の方も増えて、日本人のみのルームが増えてきました。

「招待枠」も余る人が多く、始めたい人が始めることが出来るようになりました!

 

clubhouseでは今まで知り合うことが出来なかった人と多く知り合うことが出来ます。

フォローし合い、同じ相手と再び「room(ルーム)」で会話するのが日常的になりました。

今回は、クラブハウスで『フォロワーが増える方法』や『人気が出る方法』『有効な活用方法』をまとめました!!

 

スポンサーリンク

Clubhouseクラブハウス

 

「Clubhouse」は音声版Twitterと入れており、音声チャットアプリです!

 

創設はアメリカ・サンフランシスコのベンチャー企業の
「Alpha Exploration」が2020年春頃のリリースしました。

 

日本では2021年に入り人気になりまじめました。

サービスが開始されて1年もたってないアプリです。

 

日本でも始まったばかりの為、規約や取り扱い説明書などは「英語」で書かれており英語が読めない方は
『探り・探り』でやっています。

 

特徴としては…

  • 招待しないと入れない
  • アーカイブに残らない.
    (タイムリーに1回しか聞けない)
  • 録画・録音するとアカウントが消される
  • Twitter・Instagram連携可
  • ios限定(Apple 限定)

 

→上のアプリアイコンをタップするとアプリに飛べます!

 

 

フォロワーが増える方法

 

フォロワーが増えれば「人気が出てくる人」や「ビジネスに繋がる人」などプラスに使えると思います。

フォロワーを増やして多くの人に認知してもらいましょう。
TwitterやInstagramも連携することも出来るため、clubhouseに止まることなく…多くのSNSでフォロワーを増やすことも出来ると思います。

 

まずは、フォロワーを増やす為に行うことをまとめていきたいと思います。

 

clubhouseの利用頻度を高める

 

clubhouseのroom(部屋)を作る・入ることが大切です。

みんなの目に触れることが重要となります。

 

自分でルームを作らなくとも…

「この人いつも同じ部屋にいるなぁ〜」
「良くみるな〜」と思うとフォローしたくなります!

room内の表記は上から

 

①ルームを立ち上げた人 or モデレーター

②スピーカー

③モデレーターとスピーカーにフォローされているリスナー

④一般リスナー

と並びます。

 

多くの人が入っているルームであると上位に表記されないと認識してもらえません。

 

なるべく上位にいることが大切です。

 

モデレーターやスピーカーだと上に上がれますが、時間が無く話すことが困難である場合は「リスナー」としてクラブハウスにいる時間を多くしましょう。

③モデレーターとスピーカーにフォローされているリスナー
④一般リスナー

で参加していても長時間いることで、上位に表記されます。

いろんなルームに参加して多くの人の目に止まる様にしましょう!!

 

参加するルームとしては、、、

①自分をフォローしてくれている人がスピーカーとしている部屋に入る!

②出来立てのルームに素早く入る!

特にもともと人気があるルームが立ち上がった時には素早く入る様にしましょう。それにより上位に表記され、多くの人が見るきっかけになります。

 

 

 

 

ですが、、、
この方法(リスナー)ですと、効率的ではありません。

 

スピーカーやモデレーターとして動いて行かなければ、人も興味を持ってくれません。

 

スピーカーになる

 

積極的に発言していくことが大切です。

多くのリスナーがいる場所でリスナーとして上位に上がっても、みんなが興味があるのは『話している人』です。

「スピーカーになること」が重要になります。

 

スピーカーになるためには、

①自分でルームを開く。

②多くに人が参加するルームで手をあげてスピーカーとして参加させてもらう

などの方法があります。

 

まだまだ始めたばかりの人は、フォロワーも少なく自分でルームを開いても入って来てくれる人も少ないです。

まずは、②の方から挑戦してみましょう!!

リスナーからスピーカーになる為の方法(手を挙げる方法)はこちらにまとめています↓↓

Clubhouse(クラブハウス)って何?始め方・使い方や登録・招待方法をまとめました!
今回は新しSNSツールとして注目されている「Clubhouse(クラブハウス)」について使用方法やどうやって入るのかをま...

 

スピーカーとして印象つける為には「スピーカー力」も必要です。

自分の得意分野や興味がある分野では積極的に発言しましょう。

『質問がある人』

『他に話したい人』

『○○について知っている人』

などリスナーをスピーカーに呼びたくて声かけする人もいるので、
その場合はすぐに手を挙げましょう!!

 

 

声掛けしなとも「手を挙げて」いるとスピーカーにしてくれる事もあるので、積極的にスピーカーになれる様に行動しましょう♪

スピーカーとして積極的に話すと、次回参加した時もスピーカーとして参加させてくれるルームもあるので、いろんな部屋で印象付けていきしょい!!

 

いろんなルームでスピーカーとして参加するのは重要ですが『自分が全く興味がない話』や『知らない情報』を話しているルームにスピーカーとして入るのは注意が必要です。

話さないといけない状況になって場合、ちゃんと答えられるのかを考えましょう。

もし、答えられないけどスピーカーになってしまった場合は、マイクをOFFにし『今は話せない』事を主張するのも一つの策です。

 

音声をOFFにする方法はこちらにまとめています↓↓

Clubhouse(クラブハウス)って何?始め方・使い方や登録・招待方法をまとめました!
今回は新しSNSツールとして注目されている「Clubhouse(クラブハウス)」について使用方法やどうやって入るのかをま...

 

 

ルームを開く

 

フォロワーが増える方法として1番良いのは…

『自分でルーム』を開く事です。

自分でルームを開くと、誰かに遠慮することが無く話すことが可能です。

 

ルームの作り方はこちらにまとめています↓↓

Clubhouse(クラブハウス)ルームの作り方は?方法や種類についてまとめました
新しいコミュニケーションツールとして大注目を浴びている『Clubhouse(クラブハウス)』について、入ってみたけど使い...

 

また「ルーム題名」は分かり易く、何について明確に話すかを記載していることが大切です。

 

自分で興味があることを話すのもよし!!

著名人を呼ぶのも良し!!

質問コーナーや相談コーナーを開いてリスナーとコラボするのもよし!!

コナな話でも良し!!

 

 

長時間話せる内容がいいと思います。

clubhouseを使いこなしている場合は、、
『初心者にclubhouseの使い方教えます』などでもOKです。

 

 

clubhouseの人気が出てきた当初は、新しい情報を常にキャッチしている人。すなわち『意識が高い人』が多く利用していました。

その為、人気があったルームといえば『起業家の話』『ビジネスの話』でした。

 

現在は、利用している人も増え「ただ話したい」「話を聞きたい」「暇つぶしに利用している人」が多くなりました…

コアな話でも多くの人が利用しているclubhouseの中には、「その話したかった〜」という人も多くいます!!!

何が相手の興味を引くかとい言うより、まずは自分の好きな話について話していくことがこれからのフォロワーやスピーカーとしての自信に繋がると考えます。

 

「〇〇好きな人の話をしましょう」や

「〇〇業界の秘密」や

「〇〇の使い方教えます」「〇〇語教えます」

「〇〇添削します」など自分の得意分野を活かしていくのも有効です!!

 

他の人が知らない情報や世界を話すのも聴いている側からすると楽しいものもあります。

海外ではDJがいる部屋や歌い手さんが歌ている部屋なども人気です。

 

 

同じ時間にルームを開く

 

ある程度、話すことに慣れてきたら『定期的にルームを開きましょう』

何日の何時ごろに改めてルームを開きます!!

などのスケジュールを立てていくと、興味がる人は
「あなたをフォローすることでしょう」

 

スケジュールの立て方や設定方法のまとめはこちらに書いています↓↓

 

Clubhouse(クラブハウス)スケジュール設定方法や予約・視聴の仕方もまとめてみた
新しいSNSとして大注目されているClubhouse(クラブハウス)についてまとめてみました。 1月の初め...

 

TwitterなどのSNSでも告知することが出来るので、
Twitterなどからフォロワーを引っ張ってくる事も可能です!!

 

プロフィール

 

プロフィール欄は詳しく書くことをオススメします。

出身地など個人情報を書くことはオススメしませんが、、、

  • 興味がること
  • 好きなこと
  • 何をしているのか
  • 話たいこと
  • 何語話せるか
  • どこに行ったことがあるか
  • TwitterやInstagram、YouTubeなどの発信内容

 

などなど、多くの情報を記載しましょう。

検索などでワードが引っかかる場合があります。

プロフィール検索から飛んでくる人や、

ルームに参加している人がプロフィール欄を見て興味を持ってくれる場合もあります。

 

 

Add a bio→プロフィール

Add Tiwiter→Twitterアカウント

Add Instagram→Instagramアカウント

 

それぞれをクリックすると編集することが出来ます。

名前以外はいつでも変更可能なので興味出る内容にしていきましょう!!

 

 

 

必要な力

 

フォロワーを増やしていく中で「必要になってくる力」をまとていきたいと思います。

 

 

話手

 

スピーカーとして話す力が必要です。

トークの切り返し方や話すスピード・トーン、会話のテンポも大切になってきます。

話す内容によってはその場の相手に「テンポ」や「口調」などを合わせていくことが大切だと思います。

顔が見れない分、話し方が1番大切になり自分が思っている以上に
『語尾をあげると』いいと思います。

パッとルームに入って、『この部屋は盛り上げっているか、盛り上がってないか』判断するのは、スピーカーのトーンによるとのことです!!

このルームが積極的に会話していることをアピールしていきましょう!!

 

  • テンポ
  • 口調
  • トーン
  • 会話スピード
  • 聞き取り易さ(滑舌)

を意識していきましょう!!

 

そして相手が興味出てくるように、
「話せるネタ」を多く持っていることや

面白いと思ってくる話方をなどをしていくといいでしょう!

笑いをとるとフォロワーが増えるといった情報もあります!!

 

 

話すことが上手くなると、自分がルームを開いて話すだけで無く他の部屋にスピーカーとして話して欲しいと呼ばれることが増えてきます。

こうなると勝ちです!!

いろんな部屋で話が出来るので、いろんな分野のフォロワーが増えていきます♪

 

 

聞き手(質問力)

 

リスナーからスピーカーとして参加する場合、

『質問力』が大切になります。

 

その場を盛り上げる「質問」や

みんなが気になることが聞ける力が必要です。

「この人、何者?????」と思わせて興味を惹きましょう♪

 

質問する場合は、相手の気持ちを考えて失礼な事を言わない様注意してくださいね。

次から呼ばれなくなりblock(block)される可能性も大いにあります。

 

 

モデレーター力

 

その場を回す力も大切になってきます。

会話を弾ませるために『話を振る事』や『まとめる事』を意識して話してみてください!

会話が途切れないように話を繋げる役としても重要です!

その部屋が盛り上がっているかはスピーカーも大事ですが、モデレーターが部屋を支配していくことが大切です。

 

 

知識

 

やはり1番必要なのは「知識」です。

話せるネタを多く持っていることや、ほとんどの人が知らない知識がる事が大切です。

 

とにかく自分が持っている「知識」に興味を持ってもらうことが大切です!

自分が持っている「知識」を活用して、自分がどう言う人間か分かってもらいフォロワーを増やしていきましょう。

 

 

まとめ

 

大人気clubhouse(クラブハウス)についてフォロワーを増やす方法をまとめてみました。

多くの人が利用していく中で積極的に活用していきたい人が多くいる思います。

 

会話だけで成り立つclubhouseは会話の仕方によって、
ラジオに呼ばれたりと仕事に繋がっている方もいます。

 

有効に使いフォロワーを増やしビジネスに繋げる方は繋げ、ただ楽しみたい人は会話を楽しんで下さいね!

 

フィロワーが増えると「苦手な人」も出てくると思うのでBlockの方法も知っておきましょう↓↓

Clubhouse(クラブハウス)ブロックは相手にバレる?設定方法やどうなるかもまとめてみた
新しいSNSとして大注目されているClubhouse(クラブハウス)についてまとめてみました。 1月の初め...

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました