映画【新解釈 三國志】キャストレビュー・感想やネタバレまとめ!笑えるて面白い内容!

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク

今回は2020年12月11日に公開されました映画

【新解釈 三国志】について実際に見た感想や内容のネタバレも行っていきます!

 

俳優「大泉洋」さんをはじめ、豪華な俳優・女優が集結しています。

監督は『コメディの奇才』と呼ばれている「福田雄一」さんです!

「福田雄一監督」は多くの作品を生み出しています。

  • 猿ロック
  • 勇者ヨシヒコ
  • 今日から俺は!!
  • HK変態仮面
  • ぼくたちと駐在さんの700日戦争
  • 僕はまだ本気を出してないだけ
  • 女子ーズ
  • 銀魂(実写版映画)
  • 斉木楠雄のΨ難(実写版映画)
  • 50回目のファーストキス
  • 今日から俺は!!(実写版映画)
  • 親バカ青春白書

 

など1度は聞いたことがある映画やドラマではばかりです!

今回紹介する映画【新解釈 三國志】は、

福田雄一監督が手がけてきた映画やドラマに出演していたキャストを大集合させています!

 

それにより、福田雄一監督の世界観がより映画に現れておりジワジワ笑える内容になっていました♪

 

公開初日に映画を見に行きましたが、席はほとんど空いておらず大人気でした。

見た方がいいか、見なくてもいいかで言われると…

「ぜひ、見て欲しい作品の一つ」であると思います!

 

ネタバレも含めて【新解釈 三國志】について感想を書いていきたいと思います!

 

映画『新解釈・三國志』公式サイト
笑いの神に愛された男 大泉洋 × コメディ界屈指のヒットメーカー 福田雄一 映画『新解釈・三國志』大ヒット上映中!

 

スポンサーリンク

新解釈 三國志

 

中国の「三國志」を元に構成された映画になっています。

三國志が分からない方でも見ることが出来る面白い作品です。

私も、三國志詳しく無いですが楽しく見ることが出来ました!

内容が分かっている方は、違う解釈をしてある為

映画は映画で面白く見てるのでは無いかと思います。

 

 

あらすじ

 

今から1800年前。

中華統一を巡り三国“魏・蜀・呉”が群雄割拠していた時代。

民の平穏を願い、のちに英雄と呼ばれる一人の男・劉備(大泉洋)が立ち上がった。

激動の乱世を経て、物語はやがて「魏軍80万」vs「蜀・呉連合軍3万」という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」に突入していく!

 

… という超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“脚本・監督:福田雄一流の新たな解釈”で描く、完全オリジナル映画。

 

YouTube:新解釈 三國志

 

キャスト

主要キャストをまとめていきます!

また「福田雄一監督」のどの作品に出ているかまとめました。

 

劉備:りゅうび(大泉洋)  

 

福田雄一監督の作品には初参戦!!

 

 

劉備は世界の平和を願い義勇軍を立ち上げた人物。人望にも熱く多くの人を惹きつける魅力を持っています。

また「蜀」を建国し初代皇帝となります。

 

 

関羽:かんう(橋本さとし)
福田監督が演出を手がけていたミュージカルより参戦!!

関羽は劉備とともに義兄弟の誓いを結び支えてきた武将。
長い髭が特徴的な人物であり巨大な刀を扱っている。
張飛:ちょうひ(高橋努)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

張飛は兄の関羽と共に劉備と義兄弟の契りを交わす。
短期で豪快な戦士であり、劉備の人望の厚さに惚れ込んでいます。
孔明:こうめい(ムロツヨシ)

 

「勇者ヨシヒコ」「HK変態仮面」「今日から俺は!!」「斉木楠雄のΨ難」「銀魂」「俺はまだ本気を出してないだけ」「アオイホノオ」「スーパーサラリーマン佐江内」「宇宙の仕事」「親バカ青春白書」など多くの作品の出演しています。

 

 

孔明は劉備の志に惹かれて臣下となり協力する。

明確な判断力と予見力で敵を翻弄させ、戦場を有利に進めていく人物

 

 

黄夫人:こうふじん(橋本環奈)
「銀魂」「今日から俺は!!」「斉木楠雄のΨ難」に出演しています。

黄夫人は孔明の妻。
史書には載っておらず、様々な憶測が語られています。
今回の物語では面白いく新しい解釈で描かれています。
趙雲:ちょううん(岩田剛典:3代目JSBがんちゃん)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

趙雲は劉備の志に惚れた武士の1人。
戦場から劉備の息子を守り抜く強い武士である。
貂蝉:ちょうせん(渡辺直美)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

貂蝉は絶世の美女。
歌舞に優れており「蜀」の為に潜入し敵である「呂布」と「董卓」の仲を裂きます。
呂布:りょふ(城田優)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

呂布は1日に千里を走ると言われている名馬:赤兎馬を操る人物。

武芸を極めた天下無双の将軍。「董卓」に従える。
董卓:どうたく(佐藤二郎)
「勇者ヨシヒコ」「HK変態仮面」「今日から俺は!!」「斉木楠雄のΨ難」「銀魂」「俺はまだ本気を出してないだけ」「女子ーズ」「33分探偵」「アオイホノオ」「スーパーサラリーマン佐江内氏」など多くの作品の出演しています。

董卓は、幼い帝を倒して政権を握った独裁者。
残虐かつ冷醜さを持ち暴力的な人物であり乱世に恐怖をもたらした人物。
孫権:そんけん(岡田健史)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

孫権は若くして「呉」の君主として立ち「呉」を建国し初の皇帝となる。
真面目で英明な人物である。
黄蓋:こうがい(矢本悠馬)
「今日から俺は!!」からの参戦。

黄蓋は「呉」に従える老将。
若いものに負けじと最前線で戦う。
魯粛:ろしゅく(半海一晃)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

魯粛は「呉」に従え、天下二分を唱えた軍師。
周瑜:しゅうゆ(賀来賢人)
「僕はまだ本気を出していないだけ」「斉木楠雄のΨ難」「今日から俺は!!」「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「スーパーサラリーマン佐江内氏」に出演。

知略に優れた武将。様々な戦いを指揮し勝利を収めた人物。容姿はも良く、孫権に従える人物の1人。
小喬:しょうきょう(山本美月)
「女子ーズ」「アオイホノオ」に出演。

周瑜の妻。無邪気で世間知らずであるが、戦場では物怖じしない。
美人。
曹操:そうそう(小栗旬)
「銀魂」「東京DOGS」に出演。

「魏」の王となる人物。
知力・政治力もピカイチ!!逆らう者には容赦なし!
荀彧:じゅんいく(磯村優斗)
「今日から俺は!!」に出演。

曹操を支えた名軍師。
数々の助言を与え、若くして「王座の才」と言われていた。
夏侯惇:かこうどん(阿部慎之介)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

武勇にすぐれた将軍。曹操に最も近い存在である。
黄巾:こうきん(山田孝之)
「勇者ヨシヒコ」「僕はまだ本気出してないだけ」「銀魂(声のみ)」に出演。

荒れる政治に耐えかね、黄色い頭巾を頭に巻いて暴動を起こした反乱軍。
三國志の誕生のきっかけとなる「黄巾の乱」を巻き起こした人物。
語り部 蘇我宗光:そがむねみつ(西田敏行)
福田雄一監督の作品には初参戦!!

この映画「新解釈 三國志」の語り部として登場!

ネタバレ(閲覧注意)

 

はじまり

西田敏行さんが演じる語り部から始まり、三国志の概要を伝えるとのころからです!

 

物語の初めは、「劉備:大泉洋」と「張飛・関羽兄弟」との『義兄弟』に契りを交わすところから始まります。

 

3人の契りもゴタゴタで、息の合わなさやシュールな掛け合いが繰り返されまする。

 

人望が熱いとされていた劉備の本当の姿は…

『お酒を飲んで酔っ払うと大口を叩く弱気な人物』です。

お酒の勢いで話したことが民衆の力となり従えるものが沢山いました。

 

 

 

董卓との戦い

 

平和を願う劉備は張飛・関羽と共に、独裁者である「董卓:佐藤二朗

を倒しにいきます。

 

その道中に会うのが、反逆者の「黄巾:山田孝之」です。

戦に行く途中に憚る黄巾は、道を塞いきます。

黄巾と張飛のやり取りでは、戦に関係ないことや「黄金比」について熱く語る黄巾を張飛が冷めた目で見ます。

 

 

「董卓」を倒す為に集めらたのは、

後に「魏」の王となる「曹操:小栗旬」です。

 

「董卓」を倒しに行く前に現れるのは最強の戦士「呂布:城田優」です。

「蜀の国」の戦士である「張飛・関羽」2人掛りで戦いますが惨敗します。

 

そので考え出されたのが美女を潜入させて「董卓」「呂布」の仲を割く作戦!

美女を連れてくる「趙雲:岩田剛典」は「自分をイメケンであるモテる」という道徳の感性の持ち主です。

 

 

美女は踊って歌える「貂蝉:渡辺直美」は劉備の前で舞を披露します。

→その舞が面白くて最高です!頭から離れません。見て欲しい!!

 

「董卓」「呂布」は「貂蝉」を取り合い、殺し合います。

「貂蝉」の本当の姿まさかの…人物です。

→劇場でのお楽しみです!

 

独裁者を倒した「劉備」は、適となってしまった「曹操:小栗旬」を倒すべく動き出します!

 

公明との出会い

仲間に入れるのは「孔明:ムロツヨシ」です。

頭がいいとされていた孔明を仲間にすべく遠い道のりを超えてやってきますが、

本当の孔明の姿は、

『嫁である黄夫人の知恵をもとに、みんなを導く人物でした』

いかにも自分の考えかであるように言い、自分に不可能はないと大口を叩きますが、実際には「黄夫人:橋本環奈」にすがり助言を貰います。

 

 

 

曹操との戦い

「曹操」を倒しすに当たって弱かった「劉備の国」は、隣国「孫権:岡田健史」と協定を結びます。

 

「孫権」は真面目で英明な人物であるとされていましたが、

本当の姿は『誰の意見でも取り入れちゃうバカな君主』です。

言葉を巧みに使う「孔明」により負け戦に対して戦うことを決めます。

 

「劉備の国」と「孫権の国」は協定を結びますが、「曹操の国」は圧倒的に強い状態は変わりません。

 

「曹操」は知力・政治力もピカイチ!!逆らう者には容赦なしとされ、恐れられていました。

この映画での「曹操」は、
『変態で女好き』です。
→かっこいい小栗旬さんが演じますが…このエロ親父!!と言いたくなるほど変態な場面も見てるのます。笑

 

 

「劉備の国」と「孫権の国」VS「曹操の国」 in赤壁の乱

 

「曹操の国」の力に追い詰められます。

 

「孫権」をうまく丸め込んだ「孔明」を良く思わない「周瑜:賀来賢人」との命をかけた取引がまた面白いです。

 

 

戦いが始まる前に最後の宴会を開いた「曹操」は、腹踊りをして盛り上がります。戦いにでる当日…腹踊りをしていた戦士たちは不明の感染病にかかり戦士を失います。

 

川を挟んで戦いあっていた二つの国の風向きは

「曹操の国」→「劉備の国」と「孫権の国」

となっており感染病が飛んでくるだけでなく、火を放っても風向きのせいで戦えないと嘆いていました。

 

感染病が流行っていることがわかった「劉備」は病気になりたくないとそそくさと帰ろうとしますが、「孔明」だけ残ることを決めて戦います。

 

 

 

「孫権の国」から責められた「孔明」はみんなの前で、

「僕は風向きを変えることができる!!」と大口を叩いてしまい…

妻の「黄夫人」に助けを求めます。

「黄夫人」の知恵に助けられ風向きの変化。

そして何故か、川の向こうにいる「曹操の国」の船が燃えています。

 

 

 

自分の国に帰る途中、お腹が減った「劉備」は牛がたくさん居るのを見つけて、ここでひと休憩を挟み宴を開きます。

お酒を飲んだ「劉備」は気持ちが大きくなり、ここで帰るのは勿体無い!と戦いにいきます。

牛を食べて残った油を川に流し、川の流れを利用して「曹操の国」が居る船の周りに集めて行きます。

それによって「曹操の国」の船が大量に燃えることになりました。

混乱した「曹操達」の場所に「劉備達」は攻め入ります。

 

この上手くは待った作戦は「孔明」が考えて指示したとされますが、本当は妻である「黄夫人」の力でした。

 

こうして、平和を手に入れた「劉備」は「蜀」を建国し初代皇帝となります。

 

 

 

感想

 

映画館で「泣いたり大笑い」することはありますが、

この映画はジワジワくる笑いがたまらなく面白いです!!

 

福田監督ワールドが存分に味わえ、キャストさんたちの見たことない姿も見ることが出来ます!

俳優さんたちも演じながら笑ってしまったり、、福田ワールド全開です!!

 

 

 

笑っていいのか、笑っちゃいけないのか…

真剣なシーンでも役者たちが演じる姿・言葉に笑みが溢れます!

シュールな感じと力は入り過ぎない脱力感がなんとも言えない世界観を作り上げています。

 

 

 

三國志は難しそう…と思う方でも大丈夫!!

三國志なんたあって無いようなもの。笑

 

 

ストーリー性が無いの福田監督のいいところ。

日常に溢れる笑いのような温かい気持ちになります!

 

キャストのアドリブ…すべて吹き出しそうになります。

サプライズで大物女優も出てくるので、ぜひ劇場で見てください♪

 

 

 

まとめ

 

面白おかしく楽しい映画は、何度も見ても笑えます。

 

何も考えずに、ただ笑うためだけに見て欲しいです。

福田監督の世界観が広がっています。

 

「勇者ヨシヒコ」のシュールさ

「銀魂」「今日から俺は!!」の面白さが存分に発揮されています!

 

面白い映画なので、見て欲しいと思います♪

2回目みたいくらいです。見にいくと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました